デグー飼育に必要なものまとめ~おうち編~

      2017/10/01

実際にデグー飼育に必要なもの、
私が買ってよかったものを紹介します。

最近はデグーの人気があがってきたせいか、
下記のような飼育セットが販売されるようになりましたね。

一発で揃うし、確かにお得だとは思います。
ただ、申し訳ないことに上記にはペットヒーターが含まれていませんし、
ケチな私にとっては100均でいいかなと思うものが混じっています(営業妨害)

デグー用途して売られているものは、一応サイズや機能が適しているものなんだと思います。(笑顔)

デグーのごはんとか病院など、ランニングコストには惜しみなくお金を使いたいので
わたしは初期投資を惜しみました。笑
私が実際に選んだもの、紹介していきます。

SANKOのゲージがおすすめです。
一匹なら大きさじゅうぶん。

実は私、SANKOじゃないひとまわり安いゲージをはじめケチって買ってしまいました。
その後、大きなイージーホーム60ハイメッシュを購入するのですが、
掃除のしやすさがグンバツに良くて感動しました。
ばらしやすいし、下のトレーに工夫がしてあって色々と漏れない!笑
SANKOのゲージがおすすめです。

3匹以上の多頭飼いの予定の方は下記がおすすめです。
新聞広げたぐらいの大きさ。かなりでかいです。

SANKO イージーホーム 80ハイ
デグーは20度を下回ったあたりから低体温症の可能性が出てきます。
エアコンで部屋を温めるにしても、必須だと考えています。
うちはエアコン+これを24時間つけっぱなしにして暖房はまかなっています。

Mサイズがデグーにちょうどと思います。
参考までうちのシュテが寝転がるとこう。

ひよこ電球という手もあるようですが、電球が熱くなりすぎないように制御する
サーモスタットというものを間につける必要があるようです。
うちではボツにした理由は、
実際にデグー周りの温度管理が難しそうだったので、エアコン運用することにしたためです。
エアコンでまかないきれない寒冷地でデグーを買おうとしている方にはいいのではないでしょうか。

給水器

うちのシュテは、300mlの給水器を使って3日で半分減るぐらいです。
ハムスター用の100mlだと、外出するときに水切れが心配です。
ちなみに一個前は飲み口がプラスチックのやつをつかっていました。
かじることもなく問題はありませんでしたが、多少歯があたって飲み口が傷ついていたので
長く使うことをかんがえるなら、金属の方がベターかもしれません。

これのいいところは、メッシュで穴があいているのでおしっこウンチがしたに落ちること。
走ると胃のぜん動運動が活発になるのか、走りながらコロンコロンとうんち落下音が聞こえます笑
ここですると部屋も汚れないと覚えたのか、走るとおしっこが漏れるのか?笑 ここでおしっこもしがちです。

足がひっかかって怪我をするっていう意見もありましたが、
うちのシュテは一度も怪我をしたことがありません。

砂浴び用品

デグーは砂浴びして体をきれいにしておかないと、皮膚病になってしまいます。

ハムスター用によく売っているおしっこを固める砂はさけたほうがよさそうです。
この砂でも、放置しなければそれなりにまとまって捨てやすいです。
うちの子はどんな砂でもバサバサ浴びるので、上記の一番安い砂を買っています。
デグーちゃんによってはサラサラの砂じゃないと浴びない子もいるようなので
ここは飼い主さんが様子を見て選んであげてください。


SANKO デグー砂浴びボトル
デグーのすなあび瓶は上記のものが販売されていますが、私は100均の瓶を使用しています
アンデス山脈の砂自体は使用したことがありますが、サラサラです。

以上、飼育に必須のものを理由とともに解説しました。

少し長くなってしまったので、別途ごはん編を後日アップします。


 - デグー情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。